日本~ロスアンゼルスでリモート撮影しました!スティービーワンダーの”You are the sunshine of my life”

世界が認めるスーパースター スティービーワンダーの曲
You are the sunshine of my lifeをリモートでやってみました!
1991年〜2016年までの25年間、名古屋で私が経営していた
ソウル ミュージックのライブレストラン『GARY‘S』
バンドは本国アメリカでオーディションを受けて GARY’S バンドを組み
常にアメリカソウルミュージックの風を感じられるお店で
150人以上着席の出来る日本で1番と評判のお店でした!
お客様も日本中の場所からいらっしゃっていました。
当然外国からも!
むしろ名古屋市内のお客様より70%の方が名古屋以外の方々でしたね!
中には有名人の方達も沢山のお忍びで遊びに来てくれました。
スティービーワンダーさんもその中の1人。普通にお席に座り楽しんでいらっしゃいました。
大抵バンドが見つけてマイクを渡し、スティービーさんも自分の席で歌ってくれました。
その時間にその場にいた人達は一生の良い思い出になったでしょう!
当時スタッフとして頑張ってくれていたマユミちゃんが声がけをして
ロサンゼルスにいるビショップ(当時 GARY‘S のPA)とリモートでスティービーワンダーの曲をやるので私にもパンデイロをとリクエストをいただきました!嬉しいですね!

(チャンネル登録お待ちしています)

(Samba japonês)映画「黒いオルフェ(Orfeu Negro)」より カーニバルの朝(Manhã de Carnaval)歌詞付き/Terra do sambaリモート動画第2弾!

こんにちは!ゲーリーです。
今日は、Terra do sambaリモート動画第2弾!
1960年に日本の外国映画で第6位に選ばれた、フランス、ブラジル、イタリア合作映画
「黒いオルフェ」の挿入歌で最も有名な曲、カーニバルの朝(Manhã de Carnaval)という曲を
ご紹介致します!
ギリシャ神話のオルフェとユーリデスの物語。ブラジルのリオ・デジャネイロのファベーラと呼ばれる丘の上の貧しい部落に住むオルフェと、リオにカーニヴァルを見に来たユーリデスの出会いから恋の悲劇が始まる!️
監督はフランス人の マルセル・カミュー
作詞はイパネマの娘で有名な ベニシウス・ヂ・ モライス 
作曲はルイス・ボンファとアントニオ・カルロス・ジョビンが音楽を担当しています。

(チャンネル登録お待ちしています)
  チャンネル名 GARYSamba!
  (https://www.youtube.com/c/GARYSamba)

【Terra do samba】
日本のサンバ創成期より活躍するサンバマエストロ・ゲーリー杉田。
ブラジル音楽専門のピアニストとして活躍する鈴木厚志。
フルートを中心に様々な楽器を演奏するマルチインストゥルメンタルプレーヤー幸枝。
大地に根を張り茎と葉そこに咲いたサンバの花を貴方にお届けいたします。

『ゆったりとした気分でお聞きください。O sol nascerá<日はまた昇る>(歌詞付き) Terra do samba リモートで撮影しました!/Samba』

はい 皆さん!お元気ですか?
コロナはまだまだ終わりそうにありません。
これからは、コロナとどのように付き合っていくかを考えて生活しなくてはなりません。
仕事や生活の疲れを癒してくれる音楽も、皆さんに直接お伝えできるライブをする事が
大変難しい時代になりました。
Terra do sambaのメンバーも直接顔を合わせることができないので、
今回はリモート動画です!
今日ご紹介するのは、
ブラジルの素晴らしいシンガーソングライターで、
私の大変尊敬する「カルトーラ」の「日はまた昇る(o sol nascera)」という曲です。
「笑いながら人生を過ごしたい。嵐が過ぎ去り日はまた昇る。
この悲しみの先に愛する人がいる。」
まさに今の私たちにピッタリな応援ソングです!
皆さんもご一緒に身体を揺らしながらお聞きください。

   (チャンネル登録お待ちしています)

【Terra do samba】
日本のサンバ創成期より活躍するサンバマエストロ・ゲーリー杉田。
ブラジル音楽専門のピアニストとして活躍する鈴木厚志。
フルートを中心に様々な楽器を演奏するマルチインストゥルメンタルプレーヤー幸枝。
大地に根を張り茎と葉そこに咲いたサンバの花を貴方にお届けいたします。